公園の老猫と病気猫たち。ド短期バイトで働きながら猫たちと暮らす日記

20時の日記

夕食を食べ終えくつろいでいる。前回の日記を書き終え、ちょっと休憩してから近くの泉に行ってきた。その泉を越え、少し登ると遠くの景色が見えた。そこでぼっとしながら濡れた靴と靴下を乾かしていたらあっという間に2時間すぎた。なぜ靴を乾かしたか?それは川の近くに行き、水を飲もうと思ったら苔を地面と間違えて踏み、そのまま川にポチャった。
散歩から帰って1時間昼寝をして本を読んで、ナイナイのオールニッポンを聞いて待ったりした1日だった。川はとてもきれいでclearという言葉がぴったりあう。
その川が湧き出る所も見れて良かった。
川をみてあらためて自分はキレイな川のある所に住みたいと思った。
海よりも湖よりも川がいい。暇なときは川辺でのんびりする、そんな生活がいい。
西洋人の人はみんなtalktiveのような気がする。みんな感情をこめてしゃべっている。
何をそんなにはなすことがあるのだろう。
英語が上達する人の特徴として「話好き」とあったが自分には無理だろう。
英語をうまくなりたいというより皆の会話に入りたいという気持ちが強い。
みんなの会話に入りたいという気持ちが強い。みんなで活発にしゃべっているところに入っていく勇気はない。努力。日本に帰っても英語の勉強はしよう。
川端康成の本を読んで思ったけど、あの人はエロい。かなり官能的な部分がある。それをうまく文学にするところがすごいのだろう。
この道をもう一度歩くとは限らない。この道を歩くのはもう最後かもしれない。そう思うと切ない気持ちになる。
田中さんに言われた「人と人の繋がりを大切にしろ!」という言葉が身に染みてくる。
自分はたくさんの人との繋がりを切ってきた。人と初めて会えばこの人とはあと何回会うのだろうと考えていた。
今後はなるべく人とのつながりを大切にしていきたい。
自分という人間は色んな人によって形成された。自分は誰かの一部となっているのだろうか。
[PR]
by mei11170 | 2013-04-17 22:56
<< ドック終了 東京とNYの違いも知らないで良... >>