公園の老猫と病気猫たち。ド短期バイトで働きながら猫たちと暮らす日記

カテゴリ:未分類( 15 )

ド短期バイト後に

ド短期バイト後にタイヤ交換しました。
先日ここで応募したド短期バイトです
http://xn--eckvdb2a8295aqu4adshvky.com

峠は雪降ったりしてるみたいだし、雪虫がたくさん飛んでいるので、車の冬支度をしないとだめだなと仕事終わってから、暗い中SX4のタイヤ交換しました。

前回、冬タイヤから夏タイヤに交換するときにもなんか錆がついてると書いたような気がしますが、今回のタイヤ交換の時にも嫌な感じ。

まずタイヤがはずれないのな。錆がくっついちゃってるのかなかなかタイヤがはずれない。ぎこぎこゆすってるうちにはずれてくるんだけど、かなりしぶい。

がんばってタイヤはずしたんだけど、左前のタイヤだけどうしてもはずせず、そこだけ夏タイヤのまま。

ほかのタイヤは今度タイヤはずれないと困るのでたまたま持ってたモリブデングリスを錆がひどい接合部に薄く塗ってタイヤを取り付けました。

明日は車屋さんに持ち込んで左前のタイヤ交換してもらいます。

車新車で購入して1年たたずにこのありさま。クレームで処理してくれるかしら?

土曜日から仕事してるせいか、おとついぐらいからずっと週末のような気がしてなりません。まだ明日金曜日があるんだねえ。今夜も当番だけど、なんかもう疲れたねえ。早く休みたい!!
[PR]
by mei11170 | 2013-04-17 23:05

一命

今日お休みで、眼医者さんに行ってきました。

ようやく目の傷が治ってコンタクトしていいみたいです。
でも、また傷ができたら怖いから、仕事中はメガネかなあ。埃かぶる仕事してるし、もともとドライアイなので、夜まで涙がもたないんだよねえ。目薬小まめにさせばいいんだろうけど、忘れちゃうしね。

遠軽の病院に行ったついでに、北見に映画見に行ってきました。

一命見たんだけど…、気持ち悪くなった。

瑛太の切腹シーンがあるんだけど、あまりにリアルというか怖くて怖くて、見ながら吐き気覚えた映画って初めて。

映画見終って紋別まで戻ってきても、切腹シーンの怖さにおなかと足に力が入らない始末。切腹とかダメな人は見ないほうがいいかも。

内容が内容だけに暗い気分になります。ハッピーエンドでないしねえ。

セリフが難しいからか、はっきりしゃべらないからかちょっと会話の内容がわかりづらかったりしますが、海老蔵はさすがです。目力はんぱないっす。かっこいい。

大勢に囲まれて大立ち回りするので、なんだか例の事件もこんな感じだったのかしらと思っちゃったりもするんですが、いい演技です。

それよりなにより瑛太の切腹気持ち悪い…
[PR]
by mei11170 | 2013-04-17 23:03

安芸の宮島の旅

午後には広島空港から東京経由で北海道まで移動しなければいけないので、急いで呉を見に行ってきました。

広島駅から呉行のJRに乗って移動です。

呉は軍港として有名で、戦艦大和が作られたところとしても有名です。

そんな呉には海上自衛隊の史料館の「てつのくじら館」と戦艦大和についていろんな資料を展示している「大和ミュージアム」があります。

史料館の中では海上自衛隊、特に機雷処理に関する活動の資料が展示されています。

太平洋戦争の時にアメリカが日本のあちこちに機雷(地雷の海バージョン。船が通ると爆発する)を設置していたそうで、その除去が大変だったそうですよ。

ここでどういうわけか史料館のおっちゃんに気に入られ、しばらく展示資料の解説を受けることになりました。時間がなかったのでさらっと見て歩きたかったんだけど、たくさんのだじゃれを交えていろいろ説明してくれました。いろんなことにめちゃくちゃ詳しいんだけど、詳しすぎるあまりに専門用語多数でこちらはわからないことだらけ。僕ら獣医にも言えることだけど、ある程度噛み砕いて説明するのって大切だねえ。

途中で他のおばちゃんも質問しに来たりしてたんだけど、おっちゃんの「機雷はきらい」とか「掃海艇かい?そうかい?」なんていうだじゃれに目が点になって、去って行ってしまいました。

この史料館には釧路出身の背の高いおっちゃん(身長180センチ以上)もいました。北海道出身ということでダジャレのオッチャンも交えて話が盛り上がったんだけど、ダジャレのオッチャンが身長160センチの僕と150センチの嫁を見ながら「北海道の人はこいつみたいに背の高い人ばっかりやと思ってたけど、背の低い人もいるんやねえ。」と失礼な一言。

まあ、背が低いのは今に始まったことじゃないから気にならないんだけど、旅に出るとこういう失礼なこと言われたり、飲み屋で見ず知らずの人に「君はしっかり生きないとダメだ」と説教されたりするんだよねえ。まあ、ネガティブなお笑いネタにさせていただくのでいいんですけどね。ほんとなんなんだ!

なんとかおっちゃんを振り切ることができたので先を急ぎました。大和ミュージアムも見る予定だったのに大きく時間ロスしてました。時間はなくなるし、失礼なことは言うし、だじゃれのおっちゃんは要注意です。

現在の潜水艦の内部がどうなってるかも詳しく展示されていました。

潜水艦の居住空間は狭いという展示がしてあったんだけど、背の低い僕と嫁にはそれほど苦にならないサイズでした。

オモテで見ることのできた「あきしお」の内部にも入りました。
ほんものの潜水艦ですので興味津々です。

映画なんかで見るととても狭いので、内部を歩くのは大変だろうなあと思ってたんですが、体が小さいせいか、そんなに気にせずに見ることができました。

操舵室や潜望鏡があって、潜望鏡は実際に外の景色を見ることができました。
[PR]
by mei11170 | 2013-04-17 23:01

ママ友

診療車で農家巡ってる間、ラジオを聞いています。

最近ラジオで「暖かくなったので子供を連れて公園デビューしようと思うのですが、ママ友を作らなければいけませんか?」なんて相談がよく聞かれます。

それに対するリスナーからのコメントが
「ママ友は作った方がいいけど、深く付き合わないほうがいい」
「ママ友がいた方が楽しいけど、母親同士である前に女同士。女の世界は怖いので気を付けて」

などなどなんかおどろおどろしい感じ。

友達なんて作ろうと思って作らなくても、毎日顔合わせる中で挨拶したり、世間話しているうちに知らず知らずのうちにできてくるもんだと思うんだけど、ママ友ってそういうのとは違うのかしら?

子供の前なんだし、子供が作れるぐらい大人なんだから、ママ同士のいじめとかいやがらせとかやめてほしいもんです。

ま、まだ子供もいなければ、女でもないのでその辺の悩みはわかんないんだけどもね。子育てって大変だねえ。大変なのは人間関係か?
[PR]
by mei11170 | 2013-04-17 22:59

吹きだまり

報道されてるように先週末は天気大荒れだったようです。

紋別空港のすぐ近くに住んでいるのですが、新聞では空港沿いの国道で数十台の車が立ち往生したとか。

そして国道は閉鎖されて、興部から通ってる獣医さんは家に帰れず、滝上に行った授精師さんが戻ってこれず、いつもなら30分で行ける農家に行った獣医さんは戻ってくるのに6時間かかったとか…。

ほんとにひどかったようです。

そんなこんなでオホーツクは大変だったみたいなんですが、僕と嫁は日高に遊びに行っててなんともありませんでした。むしろ風は強かったけど、ドライブ日和なぐらい快晴でした。

いつもお前たち夫婦が移動すると天気悪くなるって言われるんだけど、うちらいるところはなんでだかそんなに荒れないんだよね~。なんでだろう?
[PR]
by mei11170 | 2013-04-17 22:59

札幌に行きました

「横道世之介」という映画の試写会が当たったので、見てきました。

横道世之介という大学生を主人公に、その周りで起きていく出来事を、恋愛を中心にただただ映像にしただけという、まあなんでこんなただの日常を映画にしたのかと言われればそういう映画なんだけど、それがおもしろい。

バブル時代の学生さんの話なので、うちらよりちょっと上の年齢の人が中心の話なんだけど、楽しく、そしてバカなこともしてた学生時代を思い出し、幸せなひと時を過ごせました。

少し単調で、間延びしたような感じは日本の映画っぽくてそんなところが好きだったりもして。

好みの分かれる作品な気もしますが、僕は大変おもしろく見ることができました。おすすめですよ。

さて。

旧友のあざみさんに誘われて、札幌に行ってまいりました。

「おいしい日本酒があるから遊びにおいで」とのことで夫婦連れだって飲んだくれてきました。

せんべい汁に岩手県二戸の南部美人のお酒、盛岡ベアレンの地ビールなどなど、おいしく楽しくお酒をいただきました。なにもせずにごちそうになって申し訳ない。あざみさん、楽しい時間をありがとうございました。

あざみさん宅に泊めていただいたのですが、いいお酒だったので酔いざめもさわやかでよかったです。

翌日は嫁さんが厄年のお祓いをしたいというので北海道神宮へ。

神社には何歳が厄年だという一覧表が掲示されていたんですが、それを見る限り嫁さんは厄年でないことが判明。お祓いをせずに済みました。

円山動物園で「アジアゾーン」なる新しい展示施設ができたとのことでそれを見るために動物園に行ってきました。

何回も円山動物園に行ってるので、飽きちゃったなあと思いながら行ったんですが、アジアゾーンおもしろかったです。

マレーバク、コツメカワウソ、マレーグマ、レッサーパンダ、アムールトラ、ユキヒョウなどの動物の行動展示をしてるんですが、これがなかなかおもしろい。

新しい施設に移ったばかりだからか、動物たちもよく動いていて飽きませんでした。

特にレッサーパンダはかわいい表情に、雪の上を走ったり木をよじ登ったりとじっとしていなくておもしろかったです。

去年、JRタワーで披露宴をしたので、JRタワーホテルの無料チケットをもらっていたので二日目はそこに泊まりました。

初の結婚記念日ということで大丸のお寿司屋さんでお寿司をいただきました。

うちの両親は結婚記念日にはフォーマルなホテルのレストランでナイフとフォークでお食事って感じだったのでそういうのをイメージしてたんですが、フォーマルな格好が苦手だし、堅苦しいのもめんどくさいしでお寿司がちょうどよかったです。

一皿100円の回転寿司と違って大変おいしかったです。

3日目は札幌駅のデパートの中をうろうろと買い物して歩きました。

そんな感じの楽しい週末でした。
[PR]
by mei11170 | 2013-04-17 22:58

ドック終了

ドック無事終了しました。

朝、便採ろうと頑張ったんですが、出なかったので便なしでドック受けました。

ギリギリまで頑張ってたので案の定、おしっこの貯蓄がなくなったけど、前日にお水たくさん飲んでたお陰でおしっこは少量ながら採取できました。

今回の採血はなんでだかとても痛くて、全身しびれました。毎度自分が注射されると思うけど、牛も注射痛いんだろうなあ。明日から優しく注射しよ。

検査の結果、中性脂肪が多少高いけどそれ以外問題ないとのこと。

身長も大学1年の時には160なかったのが、徐々に伸びて、今年は161.5センチになりました。目指せ180センチ!

バリウム検査をしたので下剤を飲んだんだけど、下剤が効きません。

以前からそうなのでいつも多目に下剤もらうんだけど、今回はまったく効果なし。

今、白木屋で暴飲暴食して、便意を呼ぶ作戦を展開中。

早く出てこい白いうんこ!

さもなくば、大量に牛乳飲んじゃうんだから(僕は乳糖不耐症で牛乳飲むと下痢します)(^_^)v
[PR]
by mei11170 | 2013-04-17 22:57

20時の日記

夕食を食べ終えくつろいでいる。前回の日記を書き終え、ちょっと休憩してから近くの泉に行ってきた。その泉を越え、少し登ると遠くの景色が見えた。そこでぼっとしながら濡れた靴と靴下を乾かしていたらあっという間に2時間すぎた。なぜ靴を乾かしたか?それは川の近くに行き、水を飲もうと思ったら苔を地面と間違えて踏み、そのまま川にポチャった。
散歩から帰って1時間昼寝をして本を読んで、ナイナイのオールニッポンを聞いて待ったりした1日だった。川はとてもきれいでclearという言葉がぴったりあう。
その川が湧き出る所も見れて良かった。
川をみてあらためて自分はキレイな川のある所に住みたいと思った。
海よりも湖よりも川がいい。暇なときは川辺でのんびりする、そんな生活がいい。
西洋人の人はみんなtalktiveのような気がする。みんな感情をこめてしゃべっている。
何をそんなにはなすことがあるのだろう。
英語が上達する人の特徴として「話好き」とあったが自分には無理だろう。
英語をうまくなりたいというより皆の会話に入りたいという気持ちが強い。
みんなの会話に入りたいという気持ちが強い。みんなで活発にしゃべっているところに入っていく勇気はない。努力。日本に帰っても英語の勉強はしよう。
川端康成の本を読んで思ったけど、あの人はエロい。かなり官能的な部分がある。それをうまく文学にするところがすごいのだろう。
この道をもう一度歩くとは限らない。この道を歩くのはもう最後かもしれない。そう思うと切ない気持ちになる。
田中さんに言われた「人と人の繋がりを大切にしろ!」という言葉が身に染みてくる。
自分はたくさんの人との繋がりを切ってきた。人と初めて会えばこの人とはあと何回会うのだろうと考えていた。
今後はなるべく人とのつながりを大切にしていきたい。
自分という人間は色んな人によって形成された。自分は誰かの一部となっているのだろうか。
[PR]
by mei11170 | 2013-04-17 22:56

東京とNYの違いも知らないで良く言うわ

NYの街中を走る地下鉄。一部では24時間運行しているが、それが出来るのは「複々線」であるから。
いつもは「下り」「上り」2線ずつ使って運行しているが、深夜帯に保守を行う際には、1線ずつの運行形態にして、空いた線路を保守している。そんな場所、東京の都営地下鉄に出来るところがあるかい?

ついでに言わせてもらえば、地下の保守ってのは空間的な制約(現場にアクセスしづらい)もある。いろんな相違点を見た上でなら、こんな事はとてもじゃないが言えるもんじゃない。
どーせ、24時間運行にしたところで、遊び人が溢れるだけで、夜間の犯罪発生率も上がるだろう。そんな一般の庶民に利益のないことなんて、やらなくていいでしょ?

夜遅くに動き回るのは、俺みたいな「夜の仕事人」だけでええやろ。
庶民の方々はおウチでお寝んねしててください。
[PR]
by mei11170 | 2013-04-17 22:54

紀伊半島、ぐるーーーっと廻る旅。

さて、日・月と2日掛りで今春初の「18きっぷ」の旅に出かけてみたので、それを書き記しておこうと思う。

18きっぷというのは学校の休みのシーズンに出回る、JRの「普通列車乗り放題」のきっぷ。ある事に遭遇するまでは、ただ単に乗るだけだったが、2010年の年末から始めた「ekiSh」と言う、いわゆる位置ゲーでのスタンプ取りも兼ねているので、のんびりとした旅ではない。
駅に着くたび、ケータイで位置を確認してスタンプを取る。遠出で失敗するとホント涙目である。
今回は紀勢本線の多気~和歌山市と、南海電鉄の高野線。大阪市交通局の残りを制圧するのが目的である。毎度のことながらかなり「キッチキチ」な行程を組んだところもあって、不安要素いっぱいだが、「ま、何とかなるべ」精神で乗り切っていこうと思う。

1.ウォームアップ
朝目覚めたのは3時半ごろ。当然、目覚まし時計(4時にセット)よりも早く起きている。
全く、これじゃ「ジジィ」か「遠足前の小学生」だな。それも仕方のないことか?
大曽根駅のJRの1番列車の発車は5時25分。どうやっても、地下鉄の1番はそれよりも後に最寄駅を発車するので、必然的に徒歩で向かわねばならない。
家から大曽根までなら、大体20分もあれば到達できる。途中、コンビニに立ち寄って買い物することを考えれば、逆算していくと、4時ぐらいには目覚めていないと、危なっかしいというわけだ。

「18きっぷ」であちこち出かけるようになってからは、半ば恒例と化した一種の「ウォームアップ」みたいなものだな。

3月に入ったものの、寒の戻りでちょっと寒いと思う街の中を歩く。まだまだ、闇と人工的な光が支配する街の中を歩いていると、車も人も見ることもない瞬間が訪れる。そんな瞬間に遭遇すると、ドラえもんの「独裁スイッチ」でも押してしまったか?と考えてしまうこともある。寒いのによくもそんなことを考えていられるな、って?「寒い、寒い」と考えているよりはマシではないかな?
まあ、夜勤で心底寒い思いをしている身にしてみれば、こんな寒さはどーってことはない。ひたすら寒い中を歩かねばならないわけでもなく、駅に着いて列車に乗れば、寒さからは解放される。
[PR]
by mei11170 | 2013-04-17 22:54